健康診断の料金について

生活習慣病の予防と重大な病巣の早期発見の為に、がん検診や特定健診などの健康診断が重要な事は周知の事実ですが、健康診断は健康保険適用外の為、通常の診察よりも料金が高いイメージがあります。
しかし、会社員や労働者は労働安全衛生法の66条に基づき、年1回から2回の健康診断が義務付けられており、費用の負担は事業主です。
病院やクリニックで行う施設健診と検診車を利用する巡回健診では、原則として同一の料金として展開している施設が多いですが、追加費用が発生するケースもあります。

事業主が負担している金額は定期健診で8,000円~10,000円、生活習慣病健診で16,000円~20,000円が相場で、人間ドックは30,000円以上かかり、この料金は事業主ではなく個人負担になります。

個人事業主などが加入している健康保険組合で健診を受けるケースでは、健康保険組合をはじめとして、提携病院など検査内容次第で料金が変わってくる場合がありますが、民間企業で健康保険組合が利用可能な人は、5,000円前後で受診可能です。

健康保険組合に未加入の個人事業主や専業主婦、フリーターの人は自分の意志で支払い、健診を受ける必要が出て来ますが、その場合、一般的なクリニックなどで健康診断をお願いする金額は9,000円~13,000円くらいが目安となります。

そこにCTスキャンやマンモグラフィーのようなオプションを追加すると、数千円~数万円診察料がアップします。

個人事業主や小さな会社でも、法人会や労働組合などに加入していると、この金額から10~30%ほど割引される場合も多いのでお勧めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:健康診断

このページの先頭へ