肝臓の健康の為に健康診断で血液検査を行いましょう

肝臓が健康に動いているかどうかは、肝機能を調べる血液検査で分かります。
肝機能を調べる血液検査項目は数多く存在しますが、健康診断を含めて最も広く行われている基本の検査はALT(GPT)、AST(GOT)、Y-GTPです。
ASTとALTは肝臓に含まれている成分で、細胞が壊れた際に血液中に出て来る酵素で、この数値が高いという事は肝細胞が破壊されている事を示します。

そして、2つの酵素のそれぞれの値と共に、どちらがより高いかにも注目します。
AST値よりALTの数値が高いケースは慢性肝炎、ALT値がAST値よりも高い場合は肝硬変、肝がんが疑われます。

また、ASTだけが高いケースでは、心筋梗塞などの肝臓以外の病気である可能性が考えられます。
Y-GTPはアルコール性肝障害の指標として良く知られており、アルコールを毎日沢山摂取する人はY-GTP値が基準値を超えて高くなります。

加えて、胆汁の流れが悪い時にもY-GTPは上昇します。

予備能力が肝臓はとても高いと言われている臓器なので、多少のことがあっても、臓器の組織が壊れたとしても代謝などの働きは保たれる為、これらの肝機能検査値が異常な値を示しても、自分自身で症状を感じる事はほとんどなく、沈黙の臓器と呼ばれています。

しかし、肝機能検査値の異常は、沈黙の臓器が発する危険信号です。
この状態を放置すれば、症状が何もないうちに病変が進み、肝硬変や肝がんといった命を脅かす病気に変わる危険性が増します。

他にも、C型肝炎ウイルスに感染している人の場合、ALT値、AST値が正常の範囲内であっても病変が進行している事も考えられるので、詳しい検査を受ける事をお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:健康診断

このページの先頭へ