学校で行われる健康診断について

小、中、高等学校などの各教育機関では、学校保健安全法にも定められている健康診断が必ず行われています。
学習指導要領において、特別活動の中で健康安全、体育的行事に位置づけられており、教育活動の一つとして実施されています。
ここでの健康診断では、家庭における健康観察もふまえて学校生活を送るにあたり、支障がないかを確かめるという目的もあり、疾病をスクリーニングして健康状態を把握することと、健康課題を明らかにし健康教育に役立てることの二つの役割も含まれています。

実施する体制も指定の医師や歯科医師がより効果的に診断を行うため、担任や養護教諭が事前に保険調査や生活管理指導で子供の健康状態を把握し、医師に伝える準備も非常に重要となってきます。

家庭や教室内での生活の様子といった情報をまとめて医師へ提供すれば、より的確な診断に繋がります。
家庭の健康調査などは細かく書かれている場合がありますが、家庭生活の状況を伝えるためには正確に書くようにしましょう。

また、行われる際には感染予防やプライバシーを守るために、環境を確保することも求められています。

特に身体診察においては脱衣といった診療上必要な行為があるため、子供や保護者の理解を求めることが必要とされています。

法律の下に、環境については学校側でも十分に配慮し行っているので、当人はもちろん保護者の方も安心して受診できる状態である点をよく理解し、健康診断は子供の成長と健康のためにも受けるようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:健康診断

このページの先頭へ