健康のために必要なミネラルの種類

身体を維持し、健康を保っていくためには、ビタミンが必要であることは一般的に知られていることです。
また、ビタミン同様に健康のために必要なものとして、ミネラルという成分もあります。
ビタミンは数種類の必要なものがありますが、ミネラルもいくつかの種類があり、それを必要な量を摂っていくことで健康を維持していくことができます。

身体に必要とされる、必須とされるものは16種類あります。
主要なものから、微量でも摂る必要があるものまでさまざまです。

主要なミネラルとしては、カルシウムやナトリウムなどの代表的なものからリン、カリウム、マグネシウム、塩素、イオン、フッ素があります。
塩素は一見すると身体に悪影響を与えるもののように感じられますが、身体に影響のない塩としてわれわれの身体の中に存在しているものです。

そして、微量で良いので摂る必要があるものには、鉄、ヨウ素、亜鉛、銅、マンガン、セレン、クロム、モリブデというものがあります。
鉄以外はあまり体内の中にあるという印象がありませんので、必要なものなのかと疑問に感じられますが、それらも身体には欠かせない存在です。

大量に摂取することは好ましくはありませんが、体内に必要な量を摂取することが望ましいです。

このほか、微量で良いので摂ることが望ましいとされるものに、ホウ素やバナジウム、ヒ素など、体には悪影響を与えそうなものですが、微量ならば体に良い働きをもたらすものでもあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ミネラルウォーター

このページの先頭へ