ミネラルウォーターには軟水と硬水があります

ミネラルウォーターを飲料水として使用している人が最近増えてきています。
水道水があまり美味しくなかったり、色々な不純物などを含んでいて体に良くないというのが、その理由です。
一口にミネラルウォーターといっても、原産地によって味や含まれている成分などがだいぶ違ってきます。

日本で飲まれているほとんどの水が軟水で、ミネラル分があまり含まれていないので、味にクセがなく飲みやすい水です。
洗濯に使用するのも問題はありません。

逆に、海外では硬水が多くなっています。
硬水は、ミネラル分を豊富に含んでいますので味にクセがあり、飲み慣れていない日本人は抵抗を感じてしまうかもしれません。

また、硬水は洗濯に使用すると、洗剤がカスとして残ってしまいます。
ですから一般的には、ミネラルウォーターを購入する時には軟水を選んでおけば間違いはありません。

お米を炊いたり、お茶を淹れるのにも向いています。
しかし、硬水には次のようなメリットがあります。

パスタを茹でる時にコシを付ける事ができる、ミネラルの補給ができる、便秘やダイエットに効果がある、肉の臭みを抑える事が出来る、スポーツ時の水分補給に適しているといった事などです。

硬水には、ミネラル分が多く含まれているためにお腹が緩くなる事があり、その結果便秘を解消することができます。
また、スポーツでは汗を大量に流しますのでミネラル分も失われてしまいます。

そこで、ミネラル分豊富な硬水を飲めば、ミネラルの補給ができるのです。
このように、普段は軟水を選んでおけば問題ありませんが、場合によっては硬水を選んだ方が良い場合もあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ミネラルウォーター

このページの先頭へ