ミネラルウォーターの種類と特徴

ミネラルウォーターの種類には、軟水と硬水があります。
これは、水に含まれるカルシウムとマグネシウムの濃度によって分類されています。
軟水とは、マグネシウムやカルシウムをあまり含んでいない水のことです。

ほとんど無味無臭で、口当たりがまろやかで飲みやすい水なので、素材やダシの旨み、香りを引き出しやすいため料理にも適しています。
赤ちゃんのミルク作りやコーヒー、紅茶などに使用すると、素材の持つ風味などが強調されると言われています。

また軟水は、浸透が早く吸収性に優れているので、老廃物の排出がスムーズにもなります。
赤ちゃんから高齢者まで、身体への影響が心配な方にもお勧めで、負担をかけないことが特徴です。

生活用水としては、石鹸や洗剤などが泡立ちやすく、洗濯や浴用にも適しています。
そして、硬水とは、カルシウムとマグネシウムを多く含む水のことです。

ミネラルを豊富に含んだ硬水は、スポーツ後に補給しておきたいカルシウムが含まれており、便秘の解消にも役立ちます。
特にダイエットには効果的で、食事制限による栄養素やミネラル不足を硬水を飲むことで解消できます。

カルシウムはストレスに働きかける重要なミネラル成分で、硬水を飲むことによってダイエット時のストレス解消にも役立ち、楽に安全なダイエットを続けるために有効です。

料理において硬水は、肉などの灰汁が出やすくなるので、肉を長時間煮込む西洋料理などに使うと、灰汁が取りやすく煮崩れも防ぐことができます。
そして、洋風料理やパスタなどを茹でる時には、麺にコシを与える効果があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ミネラルウォーター

このページの先頭へ