安全なミネラルウォーターを手にすることが出来るのは、日本ミネラルウォーター協会の運営があるからです。

ミネラルウォーターは、今や私たちの生活には欠かせない食品です。
スーパーやコンビニの店頭には、数種類のミネラルウォーターが常に陳列されており、欲しい時にはいつでも、どこでも手に入る環境にあります。
しかし、数十年前までは、ミネラルウォーターは今ほど私たちの生活に近い存在ではありませんでした。

それは、自宅の水道から出る水を飲んだり、自然に湧き出ている川や井戸の水を使って生活をしていたからです。
ですから、自動販売機にミネラルウォーターが並んでいることはありませんでした。

しかし、高度成長期以降は環境負荷や水質汚染が懸念され始め、必ずしも全ての水が安全ではないという意識が強まります。
こうした背景を受けて、安全で信頼出来るミネラルウォーターの普及率が高くなっていきました。

そうして、昭和47年には健全な業界運営を期す目的で、日本ミネラルウォーター協会が設立されます。

日本で唯一の業界団体である日本ミネラルウォーター協会では、安全な商品の流通や維持だけではなく、貴重な日本の水資源を守り、共生していくことをポリシーとして掲げています。

また、国内外を問わずにミネラルウォーター協会に関する情報の収集、調査、研究を行っており、公式ホームページ上では、いつでも最新の情報を確認出来るように掲載しています。

普段私たちが何気なく口にしているミネラルウォーターは、こうした協会運営があってこそ、安心して手にすることが出来ているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ミネラルウォーター

このページの先頭へ