ミネラルウォーターで赤ちゃんのミルクを作るのは危険です

赤ちゃんに飲ませてあげるミルクを、ミネラルウォーターで作る人を時々みかけます。
その理由としては、水道水に含まれる有害な物質やカルキなどが赤ちゃんに悪影響を及ぼすのではないかという考えであったり、市販の水の方が栄養分が豊富で体にも良いものであると信じているためであったりと様々です。

しかし、赤ちゃん用の粉ミルクをミネラルウォーターで作って与えるのは危険なことなので、注意が必要です。
成長途中である赤ちゃんの腎臓は機能もまだ未熟であり、大人と同じような働きはもちろんできません。

それは、大人と同じレベルの濃いおしっこを作ることができないということで、例えば同じ量の余分なミネラルを体外に排出しようとした場合、大人なら1度のおしっこで済むのに対し、赤ちゃんの場合は倍以上の水を使っておしっこをしなければならないということになります。

元から粉ミルクには、赤ちゃんの成長に必要なミネラル成分がバランス良く含まれています。
ミネラルウォーターを使って調乳した場合、プラスして水の中に含まれているミネラル分までもが摂取されてしまうというわけです。

それでは、ミネラル分が多すぎて、赤ちゃんの体に負担がかかってしまいます。
そこで、調乳をする時に使う水は、自然なお水が一番です。
また、調乳用のお水も商品として販売されています。

もし市販の天然水を使って調乳される場合には、ペットボトルのパッケージに調乳OKと書いてあるものもありますし、企業のホームページ上で説明があるものもありますので、それを確認すると安心して使うことができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ミネラルウォーター

このページの先頭へ