日本における活況なミネラルウォーター市場と世界の水事情

人間の体のほとんどは水で出来ており、赤ちゃんは約75パーセント、子供で約70パーセント、成人で約60パーセントから65パーセントくらいの水で占められています。
また、男女では、男性の方が女性よりも水分の割合は多いです。

この理由として、女性は男性よりも脂肪分が多いことが挙げられます。
体内の水分は、老化とともに減少していきます。

これは、細胞内の水分の低下が原因とされる老化現象の一つです。
現在世界的に、水資源を確保するための攻防が繰り広げられています。

日本では、蛇口をひねるだけできれいな水が水道から簡単に出てくることが当然のことだと考えられていますが、世界ではまだまだ上水道が整備されていない国が多くあり、きれいな水を手に入れることが困難なところも多くあります。

今後、水資源を巡る攻防はどんどん激しくなってくると考えられます。
日本では今、ミネラルウォーター市場が活況です。

色々なメーカーから、数多くの種類のミネラルウォーターが販売されています。
水には軟水と硬水があり、日本の水は主に軟水で、ヨ―ロッパの水はほとんどが硬水です。

軟水の特徴は口当たりがまろやかで、味も無いので飲みやすいことが挙げられます。
刺激が少ないので、敏感肌の人にはお風呂の時などは軟水のほうが良いでしょう。

一方硬水の特徴は、ミネラル成分が豊富ということで、スポーツ後の水分補給に向いています。
ミネラル成分の多い少ないなどのバランスにより、独特な味がして飲みにくく、料理に使用すると素材が硬くなるというデメリットもあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ミネラルウォーター

このページの先頭へ