地球環境に配慮されたサントリーのミネラルウォーター

サントリーのミネラルウォーターの水源地は、南アルプス、奥大山、阿蘇です。
サントリーは、これらの水源地から汲み上げただけではありません。
これらの水源地の安全性を守り続ける為に、採水地全体の環境保全に取り組む活動を行っている企業です。

そして、自然への環境保全の取り組みだけではなく、商品自体や商品を作る過程でも、環境に配慮された取り組みがされています。
例えば、ミネラルウォーターが入った容器ですが、エコボトルを採用しています。

具体的には、ペットボトルを軽量化して使う樹脂量を減らすことで、地球環境に配慮されたペットボトルになるのです。
また、商品を作る工場でも地球環境への配慮がされています。

まず、太陽光パネルの使用が挙げられます。
太陽光パネルを使用して工場内の電力を補っていて、こうすることで二酸化炭素の削減になります。

他にも、二酸化炭素の削減で面白い取り組みは、雪室の使用です。
工場周辺に積もった雪を貯蔵して冷水に変え、こうすることで、夏場の冷房や工場設備の冷却に使用されます。

その他にも工場では、地球環境に配慮されたさまざまな工夫がされています。
そしてこの企業は、水の大切さを教える為に、未来の子供たちへの教育にも取り組んでいます。

しかし現代は、水を買う時代になりました。
そして、さまざまな水源地から汲み上げた水が販売されています。

その中でサントリーは、水源地の環境保全に取り組み、安全な水を提供している企業です。
また、地球環境にも配慮した水を提供している企業でもあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ミネラルウォーター

このページの先頭へ