ミネラルウォーターを購入する理由とシェア分析

日本におけるミネラルウォーターを購入する理由と、シェア分析を行ってみましょう。
まず、日本で多くの商品が販売され、売れ行きが伸びている理由を幾つか挙げてみます。
安価なドラッグストアやスーパーマーケットでは、2リットル入りのペットボトルが100円以下で安売りされていることが多くなりました。

浄水器を購入したり大きなウォーターボトルを購入するよりも、コストがかからないケースが増えています。

1人か2人暮らしで飲用に使う程度ならペットボトルの方がおおむねお得ですが、水に敏感な乳児や家族が多い場合には、浄水器等の方がお得な場合があります。

安全安心を一番に考えて水道水からミネラルウォーターに切り替えたという人も多く、最近では、上水道の水は高機能の浄水濾過装置で水の品質がかなり良くなってはいますが、不安な人は飲用においてはペットボトルという人が多いようです。

では次に、最近の日本におけるミネラルウォータ類の販売シェアの分析してみましょう。
2008年の販売シェアトップ10のうち、日本を採水地にしている商品は6商品ありました。

採水地には、山梨県の南アルプス東側、山梨県静岡県の富士山周辺部、兵庫県や鳥取県の名水地等があります。
海外からの輸入品では、フランスが採水地の有名な銘柄がランクインしています。

採水地周辺の環境は厳重に守られていることが多く、水源林の保護や建築物の建造制限を行うなど水質保護に努めている場所が多くなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ミネラルウォーター

このページの先頭へ