バナジウムを含んだ天然水とミネラルウォーターについて

バナジウムは、血糖値を下げるといった効果が良く言われています。
これは地表に多く分布している微量の金属元素で、動物や植物に存在していて、血糖値を下げる効果やダイエットの効果などがあると期待されているものです。

現在これらの効果については研究が進んでいるので、将来的にはその効果がはっきりすることになります。
この他の効果としては、抗凝血薬の作用を高める効能が期待されています。

抗凝血薬とは、血液が固まるのを抑える薬のことです。
この薬は、脳卒中や脳梗塞、くも膜下出血などの病気に対して利用されています。

このため、将来的にはこうした病気に対する効能についても期待が高まっています。
実際アメリカでの研究では、ラットを使った実験で血糖値が下がったという報告もあります。

こうしたバナジウムを含んだ天然水はバナジウム天然水と呼ばれ、人気のある製品になっています。
現在ミネラルウォーターは、たくさんの種類が販売されています。

こうした天然水に限らず、ミネラルウォーターを選ぶ基準としては、ミネラル分が豊富であることやバランスの良い水を選ぶことがポイントになります。
カルシウムやマグネシウム、カリウムなどに注目することが必要です。

この他に、亜鉛も選ぶ際のポイントになります。
亜鉛には、血中のコレステロールの量を調整する働きがありますので、こうした天然水とも相性が良いという特徴があることから、水を選ぶ際のポイントとなるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ミネラルウォーター

このページの先頭へ