世界のミネラルウォーターから自分に合うものを選ぶ

最近では、世界のミネラルウォーターが数多く店頭に並ぶようになり、今ではネット通販ということも入れると、さまざまな種類から自分の好みに合うものが選べるようになりました。
日本でも健康のために飲まれ始めたところから、今では美味しさを求められる飲料となっているようです。

ただし、日本国内では水道水よりも水質基準がゆるく、あくまで飲料用を想定しているため、安全性と言う点では水道水より劣るということも言われています。

ミネラルウォーターとは、容器入り飲料水のうち、ミネラル成分の多い地下水を原水としているもののことを言います。

一般的にカルシウム塩とマグネシウム塩の指標が一定水準より多いと硬水、少ないと軟水と言われていて、世界のミネラルウォーターでは、日本国内産は軟水が多く、欧州産のものは硬水が多いという特徴があります。

中には、天然の炭酸が入ったものもあり、スパークリングウォーターや発泡ミネラルウォーターと呼ばれており、近年その飲み口のさわやかさや、ジュースやアルコールなどに使用したりできることから人気を集めています。

炭酸のきつさもさまざまあり、自分好みの炭酸を探してみることも可能です。
それぞれにミネラル成分も違うことから、味わいもずいぶん違っているので飲みやすいものを見つけることができます。

ただし、気をつけなければいけないことは、軟水を飲みなれている日本人は、ミネラル成分が多い硬水はお腹を下してしまうこともあるので、少しずつ慣らしていくよう注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ミネラルウォーター

このページの先頭へ