ハワイウォーターとミネラルウォーターの違い

ハワイは世界でも有数の降水量の多い地域で火山も豊富な為、山々に降り注いだ雨が長い年月をかけてスポンジ状の溶岩石で濾過され、地下200mの地点に蓄えられます。
この地下水を逆浸透膜によって分子レベルまで磨き上げ、ピュアウォーターにしたのがハワイウォーターです。
一般的な浄水方法では除去できない超微細ダイオキシンや金属、ウィルスなどが除去されて浸透性の高い水になっています。

ミネラルウォーターとの違いは、99.9%以上の純水かつ超軟水で、日本人の口にとても合うまろやかな味と口当たりであることや、大人も子供も安心して飲用できること、そして、1リットル117円という安さと5ガロンボトルという大型のペットボトルで宅配をしてくれるところでしょう。

ハワイは太平洋のほぼ真ん中に位置する島国なので、大陸の工場から排出される汚染物質などから隔離され、更に安全な水を供給する為、政府の管理下で厳重な管理がされています。

ミネラルウォーターよりも利用シーンの幅が広く、朝の目覚めの1杯に、お風呂上りやスポーツ中の水分補給はもちろん、微量のナトリウム以外のミネラルをほとんど含んでいないので、赤ちゃんの粉ミルクの成分バランスを崩さず安心して調乳できます。

浸透性が高いので、コーヒーやお茶が濃く美味しく出せたり、昆布や煮干しなどの出汁を十分に引き出す溶解性と、そして熱伝導性が良いため米や豆類などの糖質たんぱく質が固くならずふっくら仕上がることから、料理への使用にも最適です。

手頃な価格でたくさん使用できるので、ハワイウォーターを普段の飲用水に選んではいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ミネラルウォーター

このページの先頭へ