大きく分けて4つに分類出来るミネラルウォーターを比較してみよう

コンビニやスーパーといった場所で売られている水はミネラルウォーターと呼ばれていますが、種類がとても豊富で、国内で販売されているものは500種類以上もあると言われています。
この水に含まれるミネラルの種類や量、そして水の中に含まれるカルシウムとマグネシウムの合計含有量である硬度も非常に様々です。
膨大な種類を持つこの水は、その中でも大きく分けて4つに分類することが出来ることを知っていますか。

農林水産省が定めたガイドラインから、原水の種類や処理方法によって分けられているのです。
まず1つ目は「ナチュラルウォーター」と呼ばれる水で、特定の水源から採水された地下水が原水となっています。

処理の方法として、沈殿やろ過、加熱殺菌以外の物理的、科学的処理を行っていないものがこの水で、そのナチュラルウォーターの中でも、鉱化された地下水を原水とするのが「ナチュラルミネラルウォーター」です。

鉱化された地下水とは、地表から浸透して、地下を移動中などに地層の中のミネラルが溶けた地下水のことで、処理の仕方はナチュラルウォーターと同じになります。

そして、3つ目に挙げられるのが「ミネラルウォーター」で、これはナチュラルミネラルウォーターと部類される中でも、品質をある程度一定に安定させる為、ミネラル分を意図的に調整してあったり、紫外線を受けさせ水に含まれる菌を除菌、殺菌処理などをしている水のことです。

4つ目は「ボトルドウォーター」で、地下水以外の純水や水道水といったものを原水としている水を指します。

飲む人の好みや使用目的に合わせて、これらの水を使い分けましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ミネラルウォーター

このページの先頭へ