海外のスパークリングミネラルウォーターの紹介

ここ数年、日本ではスパークリングウォーターの人気が非常に高く、スーパーやコンビニで当たり前の様に店頭に並び、レストランで扱われる種類も増えました。
スパークリングウォーターは硬度が高く、ミネラル分も豊富で健康や美容にも良いと言われています。
水の硬度とは、水中のマグネシウムやカルシウムの量を計ったもので、硬度が高いほどまったりとしていて独特のある味わいになります。
最近では、海外メーカーのミネラルウォーターも気軽に楽しめる様になり、硬水の風味を好む人も増えてきました。

海外のスパークリングウォーターには様々あり、まずペリエは、紀元前のローマ時代まで遡る歴史の古い、南フランスのヴェルジェーズで生まれた水です。

日本でも多く流通しているので、見かけた事のある人も多いでしょう。

そして、硬度400.5の硬水で、ガスがかなり強く刺激的な喉ごしで、イタリアのトスカーナ州で採れたウリベートは、イタリアのサッカー代表のオフィシャルウォーターとして知名度が高いです。

泉から湧き出るままの天然ガスのみでガス添加は一切行っておらず、100%天然炭酸のきめ細やかな泡がマイルドですっきりとした口当たりが特徴の水となっています。

最後に紹介するのは、水の女王と言われている天然強炭酸のボルセックです。

炭酸入りミネラルウォーターは、美容やダイエット、テーブルウォーターと幅広い用途がありますが、ボルセックは活力ある炭酸と重厚ながらも快適な味わいが魅力で、200年以上に渡り世界中で称賛されてきた天然炭酸水です。

インターネットでは国内外を問わず数多くのミネラルウォーターを取り合うサイトが多数存在しますので、興味のある方は試してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ミネラルウォーター

このページの先頭へ