韓国のミネラルウォーター事情

韓国では年々ミネラルウォーターの輸入量が増えており、2014年は過去最高の輸入量を記録しています。
白頭山の水を中国側で採取して直輸入しているため、中国からの輸入量が増えたことが一番の要因となっています。
他に、「エビアン」や「ヴォルビック」などのフランスブランドは根強い人気があります。

韓国といえば、アジアを代表する東洋美人が多いことでも知られていますが、その美人たちが美容のために徹底していることはこまめな水分補給です。
自分に合ったミネラルウォーターを絶えず口にすることで、お肌の潤いを保つことにも繋がっています。

また、多くのミネラルが入った水を沢山摂ることは、ダイエットにも効果があります。
このように韓国人がミネラルウォーターを消費する最大の理由は、美容と健康のためと言えるでしょう。

そして、今現在は当たり前のように販売されていますが、昔は販売禁止の法律が存在していたこともあり、二酸化炭素を加えた炭酸飲料水として発売していたこともありました。

それが今話題の麦コーラで、30年を超える歴史があります。
世界三大鉱泉水と言われるチョジョンリのミネラルウォーターと天然の大麦を使用し、健康に良いコーラとして注目されています。

同じ原料の炭酸水もここ最近人気が伸びていて、自宅で炭酸水が作れる機械までブームになってきています。
このような背景もあり、美容に関心の高い韓国では今後もミネラルウォーターの需要は伸びていくと考えられます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ミネラルウォーター

このページの先頭へ