炭酸ミネラルウォーターの人気が上がっています

最近、スーパーやドラッグストア、コンビニの商品棚には、炭酸ミネラルウォーターが多く並んでいます。
人気の火付け役となった理由に、美容やダイエット、ミネラル補給、疲労回復、便秘解消、肩こり解消など、健康維持のために優れていると言われている事が挙げられます。
ミネラルウォーターには硬度があり、水が含むミネラル、つまりカルシウムやナトリウム、マグネシウム、カリウムなどの成分がどれだけ含まれているかで軟水、中軟水、硬水とに分けられます。

硬度によって特徴があり、適した使い方があります。
この硬度は採水する地域や地層によって大きく異なり、日本の水はミネラル成分が少ない軟水がほとんどです。

国産の物では果汁等のフレーバータイプがあり、微量ながら糖類(果糖、砂糖)が含まれていて、従来の炭酸飲料より甘さが控えめで飲みやすくなっています。

サントリーから出ている南アルプスの天然水スパークリングレモンは強めの炭酸水で、有機レモン果汁が入っていますし、コカ・コーラからは、いろはす・スパークリング瀬戸内産れもんエキス入りが販売されていて、こちらは微炭酸です。

共に飲み口がよく、糖類も微量で後味がすっきりし、ほのかに果汁エキスの香りが口の中に広がります。
また、ノンフレーバータイプもあります。

その他にも、隠れた名産として奥会津の「aQaizuアクアイズ」があり、首相官邸で開かれる会議にも並ぶ天然炭酸水です。
新しいミネラルウオーターとの出会いは手に取ることから始まりますので、まずは色々と飲み比べてみて下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ミネラルウォーター

このページの先頭へ