自然食品で評価を得ているアニュー

コンビニフードや加工食品に含まれている食品添加物が問題視されるようになってから久しいですが、現代の食生活ではそれらを完全排除するのが難しく、大人はもちろん子供も摂取を避けられない状態です。
調味料、保存料、着色料等をはじめとする食品添加物は、調理加工や製造する際に保存性を高めたり、味の調整を行なったりするもので、化学合成物の毒性や環境ホルモン、発ガン性等も深刻な問題になっています。

そのような背景から、最近では若い女性や小さな子供を持つ母親を中心にオーガニック食品への注目が集まり、農薬や肥料に頼らず、合成添加物を使用しない、環境や体に優しい栽培方法や食品、そして洗剤や化粧品等への関心が高まっています。

そういった自然食品や製品を販売しているアニューは、まだ健康志向が定着しない高度経済成長期の終盤、昭和47年に創業し、安全で安心な品物を提供し続けました。

しかし、右肩上がりだった業績はバブル崩壊と共に下降を辿り、平成22年には残念ながら本社はその幕を閉じました。

ところがアニューが自信を持って販売してきた商品には大勢のファンが付いており、中でも市販のおやつや加工食品を与えられないアレルギー体質の子供を持つ親からは商品の存続の声が上がるなど、その品質の良さを伺わせるエピソードがあります。

現在は九州や大阪をはじめ、当時の代理店を中心に直営と加盟店が発足して、以前と変わらぬ支持を得ているので、アニューの店舗を見つけた時には、安心・安全な自然食品や商品を求めて立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:自然食品

このページの先頭へ