ムソーが提供する自然食品の品質基準

ムソー株式会社は高い品質基準を元に、安全安心な身体に優しい自然食品を提供しています。
昭和44年2月1日に設立され、大阪市を本社として西日本営業部・東日本営業部・名古屋営業所・九州営業所と幅広く事業を展開する企業です。
提供している自然食品には5つの品質基準があり、素材から自然な旨みのお料理となるよう考えられています。
品質基準の1つ目は国内産の農産物を優先することで、これにより、日本の食料自給率アップ・日本の大地の秩序回復・日本の伝統食復権に繋がります。

2つ目は有機農産物を優先することで、農薬や化学肥料を使用せず、更に3年以上それらを使用していない土地で作られた農作物を取り入れています。

3つ目は食品添加物を使用しないことで、品質の都合上、添加の必要性がある場合は安全性を確認し、最小限の使用は認められています。

4つ目は伝統製法を優先することで、これは日本古来の製造技術を継承することにより、食べ物本来の味を引き立たせています。

5つ目は身体に優しい美味しさを優先することで、遺伝子組み換え原料の使用を禁止することや放射性物質の確認、環境へ負担の少ない容器包材を使用するなどして、人体にとって安全であることを考慮しています。

このような基準を満たし、数多くの商品が提供されているのです。

調味料をはじめ、インスタント食品や缶詰などの加工品、飲料や菓子など、他にも様々な商品を取り扱っています。
毎日の食事は私たちが生きていく上でとても大切なものです。

身体に優しく安全なものを口にすることで、心も身体も満足できるのではないでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:自然食品

このページの先頭へ