抜け毛の治療は原因によっても異なります

抜け毛とは、頭皮から抜けた髪の毛のことで、通常では、髪や体の状態が健康であれば、正常なヘアサイクルによって、一定期間で一定量の髪が抜け落ちて生え変わっていますが、それが正常でない抜け毛の症状には、様々な種類があり原因と対策も違います。
まず男性型脱毛症という症状があります。
男性ホルモンの作用により起こる脱毛症です。

血管拡張剤を用いて脱毛しにくい毛髪を生成するといった治療があり、血管を拡張して、血流を増幅させることで、毛髪を形成する毛母細胞により多くの栄養分が回るようにします。

そして頭皮の血行を促進することで、毛根の動きを活発化させ、芯が太くしっかりした毛髪が生えてくるようにします。
次に脂漏性脱毛症です。
頭皮から分泌される皮脂が過剰になって、毛穴などにつくことによって起こる脱毛症です。

治療としては、毛穴に詰まった皮脂汚れを除去し、常に頭皮や髪の毛を清潔に保つことで有効で、毛穴の洗浄をメインとした育毛シャンプーなどを使用して除去したり、皮脂の過剰分泌を抑制する働きを持つ成分を配合した育毛剤を、シャンプーと併用するのも効果的です。

正常でない抜け毛の症状には、女性に見られるびまん性脱毛症という特有の症状もあり、老化やストレス、無理なダイエットなどが原因としてあります。

ストレスを解消したり健康的な生活を送るように心がけることで、快方に向かいやすいのが特徴で、ストレスなどの原因を特定し、それを改善することが重要です。
その他にも粃糖性脱毛症や分娩後脱毛症、円形型脱毛症などがあり、治療方法もそれぞれ違います。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:抜け毛

このページの先頭へ