柴犬の被毛はダブルコートのため、換毛期は抜け毛が多くなります

昨今のペットブームの中、日本犬は根強い人気を誇っています。
日本犬でおなじみの柴犬は快活な性格であり、独立心が強く、頑固で勇敢です。
しかし一方で純粋で素直な一面もあり、見知らぬ人には警戒するものの飼い主には非常に従順です。

均整のとれたしなやかな体つきと対象的とも思える素朴な表情やくるりと巻いたしっぽがかわいらしく、常に人気犬種のトップ10入りを果たしているのもうなずけます。

また最近は海外での人気も高いようです。
柴犬は抜け毛が非常に多いとされていますが、その秘密をひも解いてみましょう。

犬の体はアンダーコートとオーバーコートと呼ばれる二種類の被毛でおおわれていますが、これをダブルコートと呼び、アンダーコートのないタイプをシングルコートと呼びます。

柴はダブルコートに属します。
ダブルコートの犬種は春や秋などの換毛期には抜け毛が多いのが特徴であり、これは季節の変わり目に寒さや暑さを自分で調節するため被毛を脱ぎ着しているのです。

四季がはっきりしている場所が原産の犬種は抜ける毛の量も比較的多いとされています。
日本では屋外で飼育されている場合、気温の変化を感じやすい為、換毛期に一度に多くの毛が抜け落ちますが、最近は室内飼いが主流となっており、室内で飼う事で気温の変化が感じられにくく、年中少しずつ毛が抜け変わっていきますので、日々の定期的なブラッシングを欠かさないようにする事です。

ブラッシングすることで毛の処理だけではなく、健康維持のチェックにもなりますし、飼い主との大事なコミュニケーションの場にもなるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:抜け毛

このページの先頭へ