老化だけが原因ではない!抜け毛は20代からでも起こります

昔は、抜け毛と言えば男女共に加齢によるものと思われていました。
しかし、最近の傾向としては、20代の若い男女の方でもその症状を訴える人が多くなってきているようです。
当然老化というわけではないでしょうから、若い人の髪が全体的に薄くなっていく症状を若年性脱毛症と呼んでいます。

髪の毛は通常正しいヘアサイクルを繰り返しながら生え変わっていくのですが、それが何らかの原因で正しく機能されなくなると、若いからといっても髪の毛は抜けに抜けてしまいます。

考えられる事として、過激なダイエットや間違ったシャンプーの選び方や使い方、やりすぎのパーマとヘアカラー、ヘアスタイリング剤の使い過ぎ、不規則な生活からくる血行不良、出産後にみられる女性ホルモンの乱れなどが挙げられます。

病気などで使用した薬剤の副作用による抜け毛もありますが、これは20代だからというわけではないので、若い人に起こる原因としてははずしても構わないでしょう。

ただし他に関しては、誰にも起こりえる原因なので気をつけなくてはいけません。
特に過激なダイエットは、髪の毛を作るタンパク質を摂らないという事になり髪だけではなく頭皮にも悪影響を与えてしまいます。

パーマやカラー、スタイリングの使い過ぎも大変危険で、行う場合は、より髪にダメージを与えない方法でする事、繰り返しかけ続けないという事を常に意識した方が良いでしょう。

これに兼ね合ってくるのが、ヘアスタイリング剤の使い方で、スタイルに凝れば凝るほど色々なスタイリング剤を使う事になるので頭皮を傷めやすく、結果髪の毛が悪い状態になってしまうのでこちらも注意が必要になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:抜け毛

このページの先頭へ