生活習慣やシャンプーなどが原因で高校生の抜け毛が増えています

若いから髪の毛はまだまだ薄くならないだろうと思っている人も多いかもしれませんが、ここ最近の兆候として、高校生からすでに抜け毛に悩んでいる人がいると言われています。
原因として考えられている事として、睡眠不足や栄養のかたよった食事、髪の毛の洗い方などが挙げられており、何の対策もしなければどんどん薄毛へと進行してしまう事になるので、若い時からの生活習慣が大変重要になるでしょう。

1日に50~100本は抜けてもそれは自然な事なのでさほど心配いりませんが、髪の毛の状態をいつも気にするわけにはいかないものなので、ある日突然、髪の毛が薄くなったと感じる人も少なくないようです。

高校生くらいになると、男女共に皮脂の分泌が激しくなる時期で、肌にニキビが増えるのもこのころくらいからだと言われます。
そこで重要になるのが、シャンプーの仕方です。

しっかり泡を作って、爪を立てずに頭皮をマッサージしながら洗う事はもちろん、使用するシャンプー選びにも注意しなくてはいけません。
最適だと言われているものは、余分な皮脂を落として必要な皮脂は残しておくような、頭皮にも髪の毛にも優しいアミノ酸入りのシャンプーです。

それと一緒に覚えておくとよいのが育毛剤の使用なのですが、若い人にとって高額な育毛剤はなかなか手が出せないものです。
だからといって、安いお手頃なものを選ぶと逆に頭皮を傷めてしまうおそれがあるので、少々高めでも無添加で安全なものを使うようにしましょう。

高校生でも抜け毛を防ぐ為にも、育毛剤の使用はお勧めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:抜け毛

このページの先頭へ