まちがったシャンプーで抜け毛が増える!?

抜け毛の原因のひとつとして、皮脂や整髪剤などが毛穴に詰まり、頭皮が老化して毛根(毛母細胞)の働きが妨げられてしまうことが挙げられます。
それを解消するには髪を洗うのではなく、頭皮をしっかり洗うことが大切です。
まずシャワーで頭皮全体を予洗いします。
これには、毛穴を開かせ、ほこりなどを洗い流し、泡立ちを良くする役割があります。

シャンプー剤は、シリコンなど合成物質が含まれているものも多く、指通りは良いですが地肌に残留し、毛根を弱らせる原因となりますので、頭皮にやさしいシャンプーを選ぶようにしましょう。

シャンプー剤は直に髪につけず、必ず手に取り泡立てます。
その泡を頭皮につけ、泡の力で油分を分解するよう爪で地肌を傷をつけないように指腹を使って洗います。
すすぎの際も、髪の間や頭皮に残った成分を洗い流すようにすすぎます。

髪をかき分け、頭皮にお湯が届くようにし、手のひらでお湯を受け止め地肌をたたくようにするなど、しっかり頭皮をすすぎ、リンスなどで髪を保護します。
ただし、リンスは頭皮につける必要はありません。

これも毛穴を詰まらせる原因となるのでしっかりすすぎましょう。
また、髪を濡れたままにしていると、頭皮が蒸れた状態が続き、トラブルの原因となりますので、ドライヤーなどで8割くらい乾かし、あとは自然乾燥させます。

仕上げに育毛剤でマッサージをすることにより頭皮の血行を良くし、育毛剤の成分が毛母細胞に働きかけ、育毛を促進します。
正しいお手入れをして抜け毛を予防し、あなたの大切な髪を守りましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:抜け毛

このページの先頭へ