ストレスは抜け毛の原因のひとつ

ストレスは、現代社会において切っても切り離せません。
人はストレスを受けると身体がこわばり、筋肉が硬くなるなどの緊張状態になります。
それにより、血管が収縮して血行不良になってしまいます。
そして、長い間解消できない状態が続くと、胃痛や消化不良、食欲不振、睡眠不足など、身体にも影響がでてきます。

胃痛による食欲不振のため、十分な栄養が摂取できなくなる、体がリラックスできず睡眠不足に陥る、血行不良により毛母細胞に栄養素が行き届かなくなる、などの症状が起こります。

生命の維持に直接関係がない、髪や肌、爪に栄養が行くのは最後のため、抜け毛の原因となってしまうのです。
個人差はありますが、髪の毛は1日に50~100本ぐらい抜け、それ以上ある場合は抜け毛だと言えます。

抜け毛を防ぐ一番良い方法は、原因を取り除いたり解決することですが、なかなかそうできない方もいるでしょう。

そこで、解消する方法を自分なりに考え、見つけて実行し、ストレスを少しでも減らしてみましょう。
一般的には、まず趣味を見つける、犬や猫など動物を飼う、適度な運動を毎日行うなどが挙げられます。

次に生活習慣を改善する、栄養バランスがしっかりとした食事を規則正しく摂る、最低でも6時間は睡眠をとる、などがありますので、自身に合った方法を実践してみましょう。

眠っている間が髪の育成時間になります。
睡眠により身体がリラックスしている状態なので、髪の育成が活発になります。

さらに運動をすることで適度な疲労感がうまれ、良質な睡眠を誘います。
抜け毛を解消するには、まずは規則正しい、健康的な生活を送ることが大事です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:抜け毛

このページの先頭へ