更年期の気になる抜け毛は女性ホルモンの減少によるものです

女性が閉経を迎える時期は50歳前後と言われていますが、45歳から55歳くらいまでの閉経を迎える前後5年間が更年期と呼ばれる時期で、卵巣の働きが悪くなることでホルモンのバランスが崩れ、体調にも影響が出てきます。
イライラ、めまい、動悸、頭痛、ほてり、多汗のほか、疲れやすい、気力がなくなるなどが一般的な症状です。

これらの体調不良は症状も程度も人によって様々で、症状がひどくなって日常生活にも支障が出ることを更年期障害といいます。
また、40歳半ばころになるとだんだん髪が細くなり、ボリュームがなくなって髪が薄くなってきたと感じる人や、抜け毛を気にする人も多いようです。

このような気になる抜け毛の原因も女性ホルモンの減少によるもので、エストロゲンなどの女性ホルモンは、毛髪の成長を活発にさせる働きがありますが、更年期はエストロゲンが急速に減少するため、毛根が弱くなって抜けてしまいます。

髪が薄くなるとおしゃれが思うようにできないことで気が滅入り、外出も億劫になるという人もいます。
頭皮にストレスは大敵なので、いちばん大切なのは心身ともにリラックスすることです。

ゆったりとした気持ちで過ごし、入浴の際、シャンプーする時にマッサージをするのもよいでしょう。
そして、十分な睡眠をとり、栄養のバランスの取れた食生活を心掛けましょう。

大豆など、女性ホルモンを補う食品を多く摂ったり、サプリメントを試してみるのもよいでしょう。
抜け毛は女性にとってとても気になるものです。
バランスの取れた食事と栄養補給、体と心をリラックスさせて、辛い時期を乗り切りましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:抜け毛

このページの先頭へ