秋は抜け毛が増える季節ですから、薄毛対策が必要です

秋というのは、抜け毛が増える季節と言われています。
その理由は、その前の季節である夏に関係しています。
夏は湿度や気温が高いことから、多量に汗をかいたりすることで頭皮の毛穴が汚れ、皮脂がたまりやすくなります。
そして、それらの汚れは頭皮を洗うことで落とすことが出来るのですが、洗い方が不十分だったりすると、落としきれていない汚れや皮脂が溜まってしまうことになるのです。

そして、特に夏は、強い日差しや紫外線の影響で頭皮にダメージを与えてしまうことも少なくありません。
そうなると、頭皮が硬くなり血行が悪化するため、脱毛や薄毛の要因になります。

また、夏という季節は、暑いからといって運動をしなかったり、クーラーの効いた部屋でばかり過ごすことで基礎代謝が下がってしまったりと、髪や頭皮に対するマイナスな要素がたくさんあり、その結果として次の秋という季節に抜け毛という形で現れるのです。

そのため、秋が訪れる前に育毛や薄毛の予防対策をとっておくことが大切になります。
予防対策としては、毎晩入浴して髪を洗うことや、栄養が十分に摂れる食事をすることが挙げられます。

夏はシャワーだけで済ませて湯船には浸からないという人が少なくありませんが、それではリラックス出来る時間を失うことになりますし、血行を良くしたり毛穴に詰まった汚れが落とし難くなります。

そのため、入浴する時には浴槽にお湯をためて、きちんと浸かることが大切です。
そうすれば、リラックス効果によりストレス解消や血行促進につながりますから、髪の成長を促して薄毛の予防に結びつきます。

そして、シャンプーをする時には、頭皮の汚れや余分な皮脂が残らないようにしっかりと洗うことが大切です。
また、栄養が偏った食事や不規則な食事は、髪の成長に影響を及ぼします。

そのため、栄養バランスを考えた食事を三食をきちんと摂ることが、抜け毛や薄毛の予防には効果的です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:抜け毛

このページの先頭へ