若い20代・30代の女性の抜け毛は、背後に病気が潜んでいる可能性があります

最近は20代・30代でも、薄毛や抜け毛を気にする女性が増えています。
一般的に40代後半になると髪の毛のお悩みは増加しますが、それは加齢によるものなので仕方がありません。
しかし、若い20代・30代の女性の髪の毛の問題は、背後に病気が潜んでいる可能性があります。

1日100本程度髪の毛が抜けるのは自然現象ですが、それ以上に髪が抜けるのであれば、脱毛症という病気の兆候かもしれません。

脱毛症は、毛髪成長期に活動が停止すると言われる円形脱毛症等の成長期性脱毛症、毛髪が休止期のままで髪が細くなってしまう男性型脱毛症等の休止期性脱毛症、毛髪が休止期のまま活動を再開しない場合の分娩後脱毛症等の休止期脱毛状態、栄養障害や内分泌疾患に伴う脱毛等の全身状態、疾患に伴う脱毛症、薬剤の副作用による脱毛症、菌等の感染による脱毛症に分けられます。

中でも女性特有の脱毛症は休止期脱毛状態で、出産やピルの服用等が原因でホルモンバランスが乱れて起こるものです。
特に出産後は毛髪の発達を促すエストロゲンが減少するので、一度に抜けてしまう事もあります。

これは一時的な症状ですが、中にはそのまま男性型脱毛症に移行してしまう方もいるので、異常だと感じたら皮膚科へ行きましょう。
休止期脱毛状態以外では、過度なダイエットやストレスも女性に多い脱毛症と言えます。

過度なダイエットやストレスは、睡眠不足や栄養バランスが乱れ、ホルモンの分泌が低下してしまいます。

更に無月経になる事もあり、これが脱毛を早めている原因になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:抜け毛

このページの先頭へ