サプリメントと生活習慣を改善して抜け毛・薄毛を改善する

スマートフォンの急激な普及により、ネット依存症の予備軍が急増しています。
近年、薄毛や抜け毛に悩む若い女性が増えている事には、ネット依存症が影響を与えていると考えられています。
インターネットは自分の興味がある事だけにアクセス出来るため、興味がない事や嫌な事には触れずに済むので、ネット依存症の人は思考能力の低下や情緒が不安定になる、感情を上手く表現出来ないといった傾向があるとされています。

また、メールやチャットなど「返事がない」「すぐに返信しなければ」といったネット上のコミュニケーションがストレスになる女性も多いです。

更に、オンラインゲームや交流サイトにのめり込み、パソコンやスマートフォンの画面を見続ける事で、頭痛や肩凝り、睡眠不足や運動不足といった身体に不調をきたす症状も現れ、これらは薄毛の原因へと繋がります。

ストレスは若年性脱毛症を引き起こし、肩凝りや運動不足による血行不良で髪はやせ細ります。
また、充分に睡眠が取れていないと毛母細胞が生まれ変わらず、健康な髪は生えてきません。

インターネット以外の趣味を持ったり、早寝早起きの習慣をつけたり、運動する事も重要ですが、サプリメントで髪の健康をサポートすることができます。
髪の毛のパサつきや抜け毛予防にはイノシトールがお勧めで、これは水溶性のビタミン様物質です。

このビタミン様物質というのは、ビタミンの働きを持っているけれどもビタミンとして認められていない物質を指します。
イノシトールは神経細胞に栄養を供給する作用を持つので、頭皮を健康に保つ働きが期待されます。

サプリメントと生活習慣を見直して、髪を健康な状態に戻しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:抜け毛

このページの先頭へ