芸能人でも加齢と共に白髪が増えるので染めるなどの対処をしています

髪の毛の色は毛髪が伸びていく過程で色素細胞であるメラノサイトが取り込まれる事で決まりますが、加齢や生活環境、ストレスなどの理由で色素細胞の働きが弱まると、髪の毛に色がない白髪の状態で生えてきます。
多くの大衆から注目を集める芸能人は外見を大事する職業なので、白髪は綺麗に染めて隠してしまうケースが一般的です。
中には白髪を自分のチャームポイントや個性として生かしている人もいますが、女性の場合ほとんど見かけません。

毛染めのCMに出演している女優やタレントも存在しますが、いつまでも綺麗で輝いているイメージは壊れず、白い髪の毛を連想させる様な事はありません。

しかし、どんなに素敵な人でも美しい芸能人でも加齢と共に髪は白くなります。

特に女性の場合、妊娠や出産後でホルモンバランスが乱れてメラニン色素が抜けてしまったり、育児で肉体的にも精神的にもストレスが溜まり、頭皮の血行不良を引き起こしたり、栄養不足が原因で色素が抜け落ちてしまいます。

一般人の場合、ほとんどが1ヶ月から2ヶ月ごとに染めている様ですが、芸能人はもっと早いサイクルで染めているのが予想されます。
そうなると髪へのダメージが気になりますが、普段からトリートメントなどのケアを欠かさずに行い美髪を保っています。

また、この様な方法ではなく、例えばスティックタイプの毛染めやファンデーションタイプのものを使用して、メイクをする際にカバーしている事も考えられます。

芸能人とは言え一人の人間ですから、一般人と同じ様にストレスや加齢による体調の変化もありますが、それを上手にカバーしてイメージを壊さない努力を続けているのでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:抜け毛

このページの先頭へ