地球にも人にも優しいオーガニックコットン

オーガニックコットンとは、できるだけ農薬や化学薬品を使わずに作られたコットンのことで、肌が弱い人やアトピーなどを持っている子どもには不可欠の商品です。
また、自然な風合いが近年のナチュラル志向にマッチしており、特に肌が弱くなくても好んで使用する人も多くいます。

オーガニックコットンは、定められた基準に従って、数年間オーガニック農産物等を栽培した農地から生産された綿花のみを言います。
農薬や肥料に関しても厳格な制限があり、数年間のオーガニック農産物等の生産により、土壌は清浄化されます。

とはいえ、一般的に流通している綿花が化学薬品や農薬に汚染されているかといえば、実際にはほとんど違いはありません。
よほど肌が弱い人でなければ、農薬の影響はそれほど心配しなくても大丈夫です。

元々オーガニックの綿花は農薬等の人体への影響の軽減だけでなく、栽培する農地を正常化することで、環境破壊を食い止めるという理念からなっています。

そのため、許可を受けた栽培地を証明した綿花のみが、オーガニックコットンとして出回っているのです。

綿花の加工に関しても、なるべく化学薬品を使わず漂白もしないため、ほとんどのオーガニックの生地が色は自然な生なり色か草木染による淡いグリーン、ピンク、ブラウンなどで、ところどころに茶色の綿カスも混ざった見た目になります。

価格は若干割高になりますが、環境問題やナチュラルな風合いに興味がある人にとっては、とても魅力的な商品です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:オーガニック

このページの先頭へ