オーガニック石鹸を使用する意味

近年、オーガニックという言葉を良く聞くようになりました。
自然派思考が高まる中、この言葉を使う商品も多く世に出回っています。
これは、石鹸という身近なものにも存在します。

そもそもオーガニックとは、有機と直訳できます。
つまり石鹸の場合は、有機栽培で作られた植物を原材料として使用して作られたものということになります。
一般的な石鹸は、合成添加物や界面活性剤が多く含まれています。

この場合、肌が弱い敏感肌の人やアトピーを持つ人にとっては少々刺激のあるものとなり、赤みやかゆみ、かぶれや湿疹などの肌トラブルの原因にもなりかねません。

また、小麦蛋白分解物が含まれている商品を使用して小麦アレルギーを引き起こした事件もありました。
肌を清潔にし、守るためのものが、時として肌トラブルだけでなく身体を傷つけることにもなるのです。

日常的に使用するものだからこそ、できるだけ低刺激なものを使用したい、肌に優しい商品を使用したいという消費者のニーズに答えるのがオーガニック石鹸と言って良いでしょう。

しかし、無添加、天然由来成分配合、自然派と書かれているものは、本当に大丈夫なのか心配する方もいるでしょう。
現在、肌に直接作用するものは、その配合成分を表示する義務があります。

ですから、成分表示を確認し、何が含まれているのかをきちんと確認して購入する事が大切なのです。
食品のように第三者機関が定義付けをしているわけではないため、定義は各会社独自のものになっています。

それ故、成分表示を確かめて納得できるものを購入することをお勧めします。
日々使用するものだからこそ、体に優しい製品を使用することが、現在、そして未来への肌の投資になるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:オーガニック

このページの先頭へ