オーガニックの基準やハーブやスパイスについて

オーガニックとは、化学農薬や化学肥料などを一切使わず、有機肥料だけを使用して栽培する農業方法のことを言います。
つまり、自然の持つ力だけでの栽培方法です。
スーパーなどに行くと、野菜などオーガニックコーナーが設けられているところも多く、専門店も数多くあります。

日本では、登録認定機関の認定を受けた物にJASマークがつけられますので、すぐに有機栽培かどうかわかるようになっています。

オーガニックには、3年間農薬や化学肥料を使用しない土地で栽培し、化学合成農薬や化学肥料は原則使用しない、そして遺伝子組み換え原材料は使用しないなどの基準が設けられています。

有機栽培はとても手間がかかり、コストもかかってしまう農法です。
その為、金額も高くなってしまいます。

しかし、体に入れるものですので、安全で安心なものをと考える人や、地球に優しいなど自然環境を考える人が増えてきており、需要も増加傾向にあります。

オーガニックには、野菜や果物、化粧品、スパイスやハーブなどがあり、ハーブには、オレガノ、バジル、ミント、ローズマリー、シナモンなど沢山の種類があって、お菓子など様々な料理に使用されます。

ニンニクや生姜もそこに含まれますし、また、お茶も数多くあり、リラックス効果も高く、様々な効果効能があります。
毎日の料理やリラックスタイムに使用したいだけに、体に良いものを選びましょう。

近場で購入出来ない場合でも、インターネットで検索すれば、沢山の有機栽培商品を見つけることができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:オーガニック

このページの先頭へ