オーガニックのコーヒーは、農薬や化学肥料を一切使っていない身体に良い珈琲

オーガニックのコーヒーとは、人々の健康や土壌の保全を考慮して、農薬や化学薬品を一切使用せずに生産された珈琲です。
健康ブームも相まって、嗜好品として大変人気が高まっています。
農薬や殺虫剤、化学肥料を一切使わずに、自然に栽培されたものです。

農薬や化学薬品を使っていないので、身体に良いとされており、最近では、大手の珈琲ショップでも取り扱うようになってきています。
まだまだ知名度が低く、割高なのが現状ですが、健康志向の方に人気があり注目されています。

有機栽培をして認定されると、オーガニックのコーヒーと認めてもらうことが出来ます。

世界中にある認証団体が品質をチェックしていて、ある一定期間に、農薬、殺虫剤、化学肥料といったものを使わずに、またそれらを未使用の土地で珈琲豆を採取されたものだけが認めてもらうことが可能です。

加工工程においても、添加物や加工補助剤といったものを使用していないという厳しい基準の審査に合格したものだけが選ばれています。
そして、認定基準をクリアした珈琲豆には、それを証明するラベルを貼ることが許されます。

ラベルが貼ってあることで、すぐに有機栽培された珈琲豆だと一目で判別が可能です。
また、その豆を焙煎して販売するには、有機加工食品の製造業者の認定を受ける必要があります。

他の普通の珈琲豆が混入しないよう専用のラインが用意されて特別に分けられ、設けられた焙煎基準に合格したところだけが認定されます。
このように、オーガニックのコーヒーは、農薬や化学肥料を一切使っていない厳しい基準をクリアした身体に良い珈琲なのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:オーガニック

このページの先頭へ