オーガニックコットン製シャツのメリットとデメリット

オーガニックコットンとは、有機栽培によって栽培されたコットンのことを指します。
具体的には、主として3年以上化学肥料や農薬を用いていない畑で栽培されたコットンのことです。
このようにして作られたシャツには、以下のような特徴があります。

まず一つは、肌に優しいことです。
原料であるコットンが無農薬で栽培されているので、生地が肌に触れても害がありません。

また、原料である綿花の栽培過程だけではなく、紡糸工場での紡績や染色、製品を縫製する過程でも、通常は薬品を使用していないので、そのような意味でも健康被害を考えずに安心して肌に触れることができます。

これらは、製品を着用する側からの視点ですが、オーガニックコットンシャツには別の側面からも優れた点があります。
それは、化学肥料や農薬を用いずに栽培されるため、生産者の健康被害を抑制することが出来るという点です。

また、単純に地球環境面でも優れていると言えます。
農薬や化学肥料を使用しないので、土壌や水源を汚染することがなく、環境的な負荷を抑えることが出来るのです。

また、土中の生物に対する影響も少なく、遺伝子組み換えも行っていないので、生態系を破壊するリスクも少なくなります。
以上のように、この製法によって作られたシャツには、着用者や生産者、地球環境の面からも素晴らしいメリットが存在しているのです。

現在のところ、オーガニック製法による商品は、通常のコットン製品よりも価格が高いというデメリットがありますが、今後の改善により低価格化も期待され、市場の拡大と地球環境問題への貢献と合わせて期待が出来ます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:オーガニック

このページの先頭へ