オーガニックの意味と注意点について

近年、食品や化粧品、シャンプーなどで、オーガニックという言葉を良く耳にしますが、体や地球環境に優しいということで注目され、購入する基準にしている方が増えています。
しかし実際には、オーガニックについて、意味が良く分からない、理解していないという人も多いのではないでしょうか。

オーガニックとは、化学肥料や農薬を使用していない野菜や添加物を含まない食料品などのことを指します。

野菜の場合、化学肥料や農薬を使用していないため、体にも良いし環境にも優しいことを示しており、このため、このような食品に関心が高まる一方で、食の安全が脅かされてもいます。

なぜならば、自称の食品があるからです。
自称の場合は基準が曖昧で、きちんとした保証がありません。

ただ化学肥料や農薬を使用していないというだけでは、消費者にはそれが本当に安全な食品なのかどうかの判断がつかないのです。
このために、農林水産省の定めた有機JAS基準というものがあります。

農薬は、最低3年以上使用していない土地で栽培することや、有機肥料であっても化学肥料や重金属が含まれていないなどといった条件をクリアしなければ、この有機JAS認定を取得することができません。

つまり、消費者は有機JAS認定のマークがついているかどうかを見ることによって、自称のものとそうでない第三者機関の認めたものとの区別がつくというわけです。

とはいえ、食品は有機JAS認定マークを見ることで区別がつくのですが、化粧品にはそういった認定機関がありません。
このため、オーガニックというだけで安易に飛びつくのではなく、じっくりと見極める必要性があるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:オーガニック

このページの先頭へ