体にやさしいオーガニック認証商品の選び方

若い頃は健康を気にせずに、食べ物や生活用品にこだわらず生活をしているものですが、年齢を重ねるにつれて気にするようになり、スーパーなどでオーガニックと書かれている商品を見ると買うようになる人もいます。
しかし、色々なオーガニック認証マークが書かれている商品を目にし、どこが違うのか疑問を持たれる方も多いと思いでしょう。

野菜に関しては、認定基準は各国ごと様々に設けられている為に、各国ごとの基準値により認定されています。

日本国内JISでの有機野菜認定の基準値は、栽培予定の土壌が過去3年間に農薬も化学肥料も使用していない土壌で有り、尚且つ有機肥料でも薬品や重金属を含まれないものであることなどの他、栽培により、環境を破壊する可能性がある遺伝子組み換え原料は、使用してはならないなどの基準があります。

また、化粧品などのオーガニックコスメ認証も、各国により認証基準が違います。

日本国内JOCOでの審査基準は、植物原料にあっては、農薬や化学肥料を可能な限り使わないで作られた植物を使用し、動物由来の原料については、環境保全と福祉に配慮されて飼育された原料を使用し、加工においては薬剤を使用しない化粧品などを、オーガニックコスメと呼びます。

このような規定の元に販売された以外にも、思い込みで有機栽培だからといって栄養が多いとか、特別な効果が有ると思う方もいらっしゃると思いますが、他の商品となんら栄養価は変わりませんし、反対に薬品で栽培したものの方が栄養価が高いこともあります。

しかしながら、薬品や残留農薬などの心配が無く、体にやさしい安全な商品を求めるならば、認定商品をお求めすることをお勧めいたします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:オーガニック

このページの先頭へ