自宅で有機栽培をしてオーガニックな食物を食べましょう

オーガニックとは、太陽の光と清らかな水、豊かな土壌、そして微生物などの自然の恵みによって食物を作り出す農林水産業や加工方法のことを示し、国内でもそういった方法で、安全で安心な食物を栽培している人が多くいます。
国際有機農業運動連盟では、栽培の原則として「生態系」「健康」「公正」「配慮」の4項目を掲げ、それに同調する農業関連の人も含め、世界規模で活動を行っています。

一般の人がオーガニックと聞いてまず思い浮かぶのは、農薬や化学肥料の排除でしょう。

それにより、水や土、大気を汚染から守ることができますが、それ以外にも、保存料や着色料をはじめとする添加物をできる限り軽減して、食の安全を確保してアレルギー発症の危険性を減らしたり、自然の動植物の保全や適地適作、地産池消などたくさんの取り組みができます。

日本のJAS法では、オーガニックとして有機農産物などを販売する場合、生産者や加工業者は登録認定機関の検査を受けて認証を得る必要があり、更に商品には有機JASマークを付けなくてはなりません。

一昔前はその基準がはっきりしていなかった為に市場が混乱しましたが、現在ではそのような心配は無いので安心して購入できます。
また、オーガニックをもっと身近に感じたいなら、自宅菜園を始めてみるのもお勧めです。

庭がない場合はプランターを使ってベランダでの栽培もできるので、トマトやナスの他、夏は緑のカーテンにもなる胡瓜やゴーヤなどを肥料を使わずに育て、大きくなったらもぎたてを調理して食卓に載せれが、自分で栽培した安心感が得られるだけでなく、そのみずみずしさと美味しさに感動することでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:オーガニック

このページの先頭へ