オーガニック農法で作られた自然食品

オーガニックと言えば化粧品や洗剤、タオルなど色々思い浮かびますが、代表的なのは自然食品ではないでしょうか。
野菜や米をはじめとする食材から、醤油や味噌などの加工品、そして、菓子類に至るまで膨大な数と種類があります。
大気汚染や水質問題、そして農薬や化学肥料を用いて育った食品に対する不安から、健康を気にする高齢者だけでなく子供の食事に不安を感じる若い母親世代などにも大きな支持を得ています。

オーガニック農法で育てられたフルーツや野菜、穀物には、そうでない作り方の商品と比べてビタミンC含有量が多かったり、微量塩素や抗酸化成分が含まれています。

他にも、癌や神経障害、遺伝子異変やアレルギーの原因となると考えられる農薬や化学物質、添加物を含んでいません。

特に、乳幼児や子供は体重に対して食事量が多いため、それらの影響がより大きく表れる傾向があり、大人と比べて4倍もの大きさになってしまう体内汚染は将来的に数々のリスクを引き起こすので、子の幸せを願う母親が自然食品を買い求めるのは当然とも言えるでしょう。

他にも、餌にまでオーガニックにこだわった家畜は、受けているストレスや体内の毒素も少ないそうです。

また、同じ土壌で複数の作物を作るサイクルを重ねていくことにより、土壌を健康にして害虫に対する抵抗力を持たせたりと色々な取り組みがされています。

自然食品は美味しくて健康的という以外にも、環境保全に役立ったり、購入の継続が未来へも影響するという特徴を持ち、私たちが認定商品を食する毎に今後の地球を守ることに繋がっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:オーガニック

このページの先頭へ