オーガニック食材の良さについて

オーガニックとは有機栽培という意味で、化学合成農薬や化学肥料に頼らず、有機肥料等により土壌の持つ力を活かして栽培する農法です。
日本では登録認定機関が定めている基準を満たした農家が生産した農産物に、オーガニック(有機栽培)JASマークが付けられ、一目で見分けられるようになっています。
近年、体や美容に良いという事で注目されているのがこの栽培法です。

これらの野菜の優れている点は、栄養価が普通の野菜に比べて高い、食品添加物が入っていないので安心、味がより美味しいといった点で、例えば実際に、従来の食品や商品は農薬や化学物質、食品添加物により、ガン、神経障害、パーキンソン病、片頭痛、アレルギー等の多くの問題に関係していると言われています。

認定有機農産物を選ぶという事は、安全性の確認がされていない遺伝子組み換え原料や食品添加物を回避する事にも繋がります。

このような観点から、小さい子供がいる親御さんや、プロの料理人や食材を扱う方からも注目されている有機農産物は、それに関する資格もあります。

セラピスト、セーフティフード・コーディネーター、コスメ・アドバイザー、マスターコーディネーター検定といった講座を受講して、資格試験を受ければ取得出来ます。

この資格は、食品メーカーや化粧品売り場、外食産業、広告会社、アパレル関連、環境関連、アロマセラピーやエステ関連、インテリア関連といった職種で役に立ちます。

一見関係無さそうな職種ですが、これらは全て、食べ物は勿論、着る物、嗅ぐ物、肌に付ける物と、大半が農産物から出来ています。

このように、オーガニックは幅広い分野へ広がっているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:オーガニック

このページの先頭へ