レストランでオーガニック料理を

オーガニックとは、一言でいえば「有機栽培」という意味で、化学的に造られた肥料や化学合成農薬を使用せず、有機肥料や、その土壌の持つ力を自然に活用しながら栽培する農法です。
日本では、登録認定機関の基準を満たした農家などが生産した物には有機JASマークが付けられており、一目で見分けられるようになっています。
認定を受けるには、3年間化学肥料や農薬を一切使用していない土地で栽培している事や、化学肥料や化学合成農薬は原則使用しない事、遺伝子組み換え原材料は使用しない事、放射線照射はしない事、合成添加物の使用制限など、定められた基準があります。

現在日本では、農業人口のうち有機栽培は1%未満に過ぎず、有機栽培が注目され始めたのは、大量生産された多くの作物が農薬や化学肥料によって作られていて、その農薬や肥料に含まれる有害物質が残留してしまい、食べる人の健康上への影響が心配されるからです。

また、農薬で汚染された土などから、雨が降った時の水に混じってしまった有害な物質が近くの河川などに流れ込み、生き物の生活環境を破壊しているとも言われ、地球環境への影響も心配されています。

手間暇かけて作られている有機栽培の食品は増加傾向にありますが、近隣で扱っている店舗が無ければ毎日の食事に利用することは中々難しい面もあります。

最近は、有機栽培された農作物、または有機認定を受けた加工品を食材として使用しているレストランが増えており、こだわった素材で料理を提供していたり、調理方法や調味方法も自然の素材の良さを活かす様々な工夫がなされています。

使っている食材も明確で、安心して食べられるオーガニックレストランで、自分にも地球にも優しい時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:オーガニック

このページの先頭へ