オーガニックスキンケアの認定基準と選び方

近年、環境汚染や食の安全への不安からオーガニック市場が盛り上がりを見せています。
その高まる消費者ニーズは食品や衣料品だけでなく、化粧品にも浸透してきました。
しかし、自然派や無添加、天然由来という言葉を売りにした化粧品がありますが、これらはオーガニックスキンケアとは呼べません。

オーガニックの認定基準は各国が独自に設けており、基準値も様々で統一されていません。

日本においては、3年以上化学肥料や農薬を使わない土地での栽培、放射線照射をしない、遺伝子組み換えでないことなどが認定基準として定められています。

そして、この認定基準を満たした植物を使って作られた化粧品を、オーガニックコスメ・スキンケアと呼びます。

海外では、認定機関が化粧品についても認定していますが、日本では食品のみの認定に限られ、化粧品については認定を受けることができないため、企業各社で独自の基準を設け、無農薬栽培によって作られているケースがほとんどです。

海外製品の場合は認証マークで確認できますが、日本製の場合はカタログやホームページなどで材料について確認することが重要になります。
また、アレルギー物質や石油由来成分が使われていないかなどについても、確認すると安心です。

多くの化粧品が海外から輸入されており、美しいパッケージなども目を引きますが、海外の人と日本人では育ってきた環境が異なるため必ずしも肌に合うとは限りません。

オーガニックと謳っているからと安心するのではなく、製造方法や原材料、原産国などについて詳しい情報を得てから選ぶことが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:オーガニック

このページの先頭へ