オーガニックのワインについて

毎年11月になると、ボジョレーヌーボーの解禁に伴って多くのメディアやお店などでも取り扱いが増え、ワインが注目されます。
男性にも女性にも人気のお酒ですが、肉料理や魚料理に合わせて飲んだり、ポリフェノールが豊富といった健康情報によって飲酒する人も年々増加傾向にあります。
最近の健康ブームで特にオーガニックワインが脚光を浴びており、レストランや百貨店などでも取り扱うところが増えているので、需要はさらに高まりを見せています。

野菜などの食料品や化粧品でもこのオーガニックという言葉はよく耳にしますが、普通の商品との違いというと有機栽培がまず挙げられます。

しかし、ワインの場合は香料や着色料、色素安定剤を一切使用せず、調味料も使わずに保存料として硫黄を燃やした煙の吹込みをするという、昔からある製法で作られています。

そのために味が良く、料理の邪魔をしない、のど越しが良い、飲んでも頭痛にならないなどの声が多く寄せられていて、利用する人にもメリットが沢山あると言われている商品です。

野菜や食料品を取り扱っているファーマーズマーケットと同じように契約農家もはっきりと表示されており、生産者の顔が見えるというのも安心して飲める要因の一つになっています。

このオーガニックワイン専門店のマヴィは東京に3店舗ありますが、オンラインショップでも販売しているので、直接お店に行けない方は通信販売での購入も可能です。

興味のある方は是非ホームページをチェックしてみて下さい。
色々な情報も掲載されているので参考になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:オーガニック

このページの先頭へ