環境と体に優しいオーガニックカフェの特徴

環境問題や健康志向がますます強まり、オーガニックを生活に取り入れることが注目されています。
オーガニックとは有機栽培のことで、日本の検査認証制度「有機JAS規格」では、有機農産物・有機加工食品・有機飼料・有機畜産物の4種類について認証しています。
認証を受けたものには有機JASマークが付けられ、このマークがない農産物や加工食品については、「オーガニック」や「有機」などという表示や名称を付けることが法律で禁止されています。

有機JASマークが付いているものは、インターネットや身近なスーパーでも購入が可能です。

また、有機食品や無農薬など厳選した食材を利用して料理を提供しているのがオーガニックカフェで、オーガニックが注目され多くの人々に浸透するとともに、環境と体に優しいオーガニックカフェも全国に広がっていきました。

調味料にまで無添加にこだわり、野菜や米、魚などを産地直送で仕入れて提供するカフェや、地元で採れた有機栽培の食材を使用して提供しているカフェなど、それぞれの店に様々な特徴があります。

店内はナチュラルで落ち着ける雰囲気になっており、おしゃれな空間づくりがされていることが多く、心のリラックスのために訪れる方もいます。
国産有機栽培の新鮮な素材を使ったランチやパン、コーヒーやデザートは、体に優しいだけでなく美味しいということでも評判です。

また、これらのカフェではテイクアウトが可能であったり、オーガニックの加工品や有機野菜などが購入できたりするので、お土産として家族や友人に持ち帰ることもできます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:オーガニック

このページの先頭へ