安眠グッズで、よく聞くのが涼感マットです

真夏の夜は寝つきも悪く、暑さでつい起きてしまうということも多いです。
エアコンをかけて寝れば涼しくて快適ですが、人によっては身体が冷えすぎてしまい、朝起きたときに身体のダルさを感じる場合があります。
それに、一晩中エアコンをつけっぱなしにしておくというのは、電気代も心配です。

そういった場合にうまく利用したいのが安眠グッズです。
よく聞くのが涼感マットです。

さまざまなメーカーから発売されていますが、肌触りも違いますし、もちろん効果も異なります。
汗などの湿気を吸い取りやすくしてくれるもの、触れたら冷たさを感じられるものなどがありますが、これを敷布団の上に引くだけで初夏は十分乗り切れます。

もう少し暑くなってきたら、身体を冷やす効果のあるマットを使うと良いでしょう。
マット自体に空気を通す機能がついているものであれば、背中の熱を逃してくれるので何度も寝返りを打つことなく、快適に過ごすことができます。

冷蔵庫や冷凍庫で冷やしておいたジェルをセットして使うタイプのものは朝まで効果が続くものは少ないですが、入眠を助けてくれるので便利です。
まくらに関しても、涼感カバーがありますし、氷まくらを利用するのも良いでしょう。

最近では凍らせても固くならないジェルタイプのものがありますので、寝心地も良く、節電が呼びかけられた時から、こういった安眠グッズはとても豊富になりました。
エアコンなどと併用していくことで、暑い夜も快適に過ごすことができるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:安眠

このページの先頭へ