自分にあった寝具で安眠を得ることが大事です

体の健康を維持する為には、野菜を中心にした食事に適度な運動、そして睡眠を十分に取る事が重要になってきます。
健康を維持するには時間は短くとも、安眠を得ることが大事ですので、その為には自分にあった枕や横になったときに体の圧力を分散してくれるようなベッドなど、良い寝具を選ぶ必要があります。

人生の中で睡眠にかけている時間はかなり多いので、少々高くても、自分にあった良い寝具を選ぶ事が大事です。
布団やベッドを選ぶ際、硬すぎるものを選ぶと肩とお尻だけで体を支えることになります。

そうすると腰骨や肩甲骨などが痛くなってしまい、どんな姿勢でも楽ではないため寝返りが増えてしまい、深い眠りにつけません。
逆に柔らかすぎるものを選ぶとお尻の部分が沈み込んでしまい、体が不自然な曲がり方をして、肩コリや腰痛の原因になりかねません。

このように安眠を得るためには寝具も重要ですが、その他にも大事な事があり、寝る二時間くらい前に、軽い有酸素運動をすることで深い眠りにつきやすくなります。

運動が出来ない人は、40度くらいのお湯に半身浴する事でも同じような効果が得られ、食事の時間も睡眠に関わっており、寝る少し前に何かを食べたりすると、胃が活発に動くことで睡眠を妨げてしまいますので、なるべく早い時間に食事を済ませてしまうことが大事です。

安眠を得るために効果があると言われている栄養素にカルシウムがあり、そのため、寝る前にホットミルクを飲むことで、簡単に寝付きが良くなるとされています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:安眠

このページの先頭へ