特別なものが無くてもできる安眠の方法

安らかな眠りは健康を維持する上で重要なものの一つですが、ストレスが多く、不規則な生活をする現代人にとって、なかなか得られないものでもあります。
早めに床に就いても気持ちが高ぶって寝つきが悪かったり、やっと眠れても悪い夢を見てうなされて起きてしまうなど、とても安眠といえるような状態ではないこともしばしばです。

そのため、安眠を得られるように、様々な方法があちこちで紹介されています。
安眠の方法は、なんと言ってもリラックスした状態で眠ることですが、仕事や家庭など、気になることが頭にあっては、忘れようとしてもかえって気になってしまうものです。

気持ちをやわらげるためのアイテムとしては、ラベンダーなどの安眠に効果があるハーブやアロマを利用したり、安眠枕を使ったり、サプリメントを飲んだり、音楽を聴いたりと、様々な商品があります。

これらを利用することも一つの手段ではありますが、体調や体内時計を正常化させることも併せて考えなければなりません。

食事を規則正しくバランスよく摂り、適度に体を動かして、ゆったりとした気持ちで入浴して、できるだけ規則正しい時間で就寝し、朝起きたら日の光を浴びて体内時計をリセットする。

この流れを毎日続ける上でストレスを軽減できれば、徐々に安眠できるようになるはずです。
ただし、一ヶ月以上不眠状態が続くようであれば、病気である可能性もありますので、一度病院で受診することも考えましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:安眠

このページの先頭へ