安眠出来るふとんに求められる性能

様々な材質の種類のふとんがあり、それぞれに特徴や性能が違いますが、安眠出来るふとんを選ぶ際に求められる性能はいくつか存在します。
また、掛ふとん、敷ふとん、それぞれに求められる性能もあります。
まず、敷ふとんに求められる性能ですが、一番重要な性能は体圧分散性です。
睡眠中に重力が集中して掛かる頭部、胸部、骨盤の三ケ所の圧力を支持すると同時に、分散する性能が必要になりますす。

頭部は、枕の性能も左右しますが、他の胸部、骨盤に関しては敷ふとんが支えるため、優れた体圧分散性が求められます。
体圧を分散することにより寝返りを打ちやすくなり、快適な睡眠が得られます。

また、寝たきりの人など長時間ふとんで過ごす人は、床ずれや腰痛などを防ぐ働きもあります。
次に、掛ふとんに求められる性能ですが、一番に挙げられるのは保温性です。

人は眠りに付くと、自律神経の副交感神経が優位になり、体内時計との関係により体温が下がります。

体温の低下を一定の温度で留め、高い保温性により睡眠に適した温度に保つ性能が掛ふとんには必要です。

最後に、掛ふとんと敷ふとん両方に共通して求められる性能に放湿性があります。
ふとん内部を寝汗などによる湿度の上昇から防ぎ、睡眠に適した一定の湿度に保つ性能が求められます。

これら全ての性能を一組の敷ふとんと掛ふとんで満たすのは難しいですが、季節により変えることで補い、対応できます。
良い性能を持ったふとんで安眠をすることにより、健康的で快適な日々を過ごせます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:安眠

このページの先頭へ