安眠の為の食べ物を知って不眠症の対策をしよう

不眠症は、寝付くまでに時間がかかる状態や、眠っても朝早く目が覚めたり、夜中に何回も起きてしまうなど、睡眠時間が短く、熟睡ができず、体力の回復がなされない為に、日中の活動に障害をもたらす状態が1ヵ月以上続くことを言います。
この様な悩みを抱えている人は、対策として、不眠に効く食べ物を知っておくことが大切です。
効果的な食べ物としては、牛乳やチーズの乳製品があります。

これらにはトリプトファンといわれる、体内では合成できない必須アミノ酸が含まれていて、脳内でセロトニンに代謝されて睡眠ホルモンとなるメラトニンになります。

肉類や大豆製品にも含まれていますが、取り込む際に邪魔をするアミノ酸も存在するので、食後に甘いデザートを取ることでインスリンの分泌を促してトリプトファンを取り込むことが出来ます。

また、カルシウムはイライラを鎮める効果があるので、小魚やアーモンド、牛乳も取り入れると良いでしょう。
ビタミンB群も大切な栄養素で、特にビタミンB12は不眠に効果があり、手軽に摂取できる食品ついては味噌や醤油がおすすめです。

更に、食事の時間も気をつけましょう。
眠る3時間前までには食事を済ませる様にし、食べる量も夕食は腹8分目にすると良いでしょう。
寝る直前に食べると消化活動が活発化してしまい、眠れなくなることになります。

他にも、眠る4時間前にカフェインを摂取すると睡眠に影響を及ぼしますし、寝酒といいながら眠る前にお酒を飲む人もいますが、飲み過ぎると最初は眠りやすくても、途中で覚醒して眠りが浅くなり睡眠の質が悪化しますので、嗜む程度にしましょう。

まずは食べ物に注意して、安眠を手に入れましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:安眠

このページの先頭へ